コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
下仁田暮らし。
  • Multilingual
  • サイト内検索
  • 文字・背景 色変更

トップページ > 支援 > 出産・子育て

支援町からあなたにあんなことやこんなこと。

出産・子育て

出産祝金支給制度

次代を担う児童の確保と健全な育成を図るため、出産祝金を支給しています。

子育てのイメージ画像

支給金額

・第1子:5万円

・第2子:10万円

・第3子以降:20万円

支給対象者

下記に該当する方が出産し、その子を養育している方

  1. 町の住民基本台帳に記載された後、6カ月以上住所を有し、出産後引き続き町内に在住する見込みのある方
  2. 出産日が本町の住民になってから6カ月に満たない場合においては、6カ月を経過した日において引き続き町内に在住する見込みのある方
  3. 町税、国民健康保険税及び介護保険料を滞納していない方

申込み

出産の日から1年以内に「出産祝金支給申請書」を提出

詳しくは

出産祝金支給制度

住民税務課住民係
電話番号:0274-82-2112


不妊治療費助成

不妊治療等を受けている方の経済的な負担を支援するために、その治療に要する費用の一部を助成します。

支給対象者

  1. 不妊治療等を開始し、町に「治療開始届出書」を提出している方
  2. 治療日において下仁田町に住所を有しており、引き続き定住の意思がある方
  3. 夫婦のいずれもが医療保険各法の規定する被保険者または被扶養者であること
  4. 町税等に滞納がないこと
  5. 妻の年齢が45歳未満であること

助成内容

  1. 特定不妊治療(体外授精、顕微授精等):1年度の治療費の2分の1で、上限100万円
  2. 一般不妊治療(タイミング法、人工授精等):1年度の自己負担額の1/2で、上限20万円
  3. 不育症治療:1年度の自己負担額の2分の1で、上限20万円

注:助成期間は、夫婦1組に対して通算7年度

申込み

申請予定の方は「治療開始届出書」を事前に提出してください。
前年3月から当年2月までの診療分に対し助成します。

詳しくは

不妊治療費助成

保健環境課
電話番号:0274-82-5490
    

入学祝金 

次代を担う子どもたちの成長を支援するとともに、保護者の経済的負担を軽減することを目的に、小・中学校等入学時に祝金を贈呈します。

支給金額

児童・生徒1人につき5万円
注:支給金額のうち、現金にて3万円、下仁田町商業協同組合商品券で2万円となります。

支給対象者

  1. 小・中学校等に入学する児童・生徒を扶養する保護者
  2. 小・中学校等に入学する月に、児童・生徒と保護者の住所が下仁田町にあること
  3. 保護者が、町税等を滞納していないこと

申込み

申請書類は入学式で保護者へ配布します。
現金は申請された口座へ振り込み、商品券は入学式で贈呈します。
注:町外の学校へ入学する方へは、通知でご案内します。

詳しくは

入学祝金

福祉保険課福祉係
電話番号:0274-64-8803
   

こども医療費無料化 

子育て世帯の負担を軽減するとともに、子どもたちが安心して必要な医療が受けられるよう医療保険の一部自己負担額を県と町で助成する制度です。

支給対象者

中学校卒業までの子ども

申込み

子ども医療費の支給を受けるためには、福祉課に申請し、認定を受けることが必要です。

詳しくは

 福祉課福祉係
 電話番号:0274-64-8803
 

保育所・認定こども園の保育料無料化 

当町では、令和元年10月1日から開始された国の保育料無償化に先駆けて「第2子以降」「障害児」「年収360万円未満相当世帯」の保育料について無料化を図っております。

支給対象者

・第2子以降(保護者等が扶養している2子目以降の児童)
・第1子(年収360万円未満相当の世帯)

要件

・保護者及び対象児童が町内に住所を有していること。
・保育料及び保護者が属する世帯で町民税その他、町に納付すべき金額に滞納がないこと。

申込み

該当になる方は、申請が必要になります。

詳しくは

 保育料無料化

 福祉課福祉係
 電話番号:0274-64-8803

 

障害児保育料無料化 

下記のいずれかに該当する児童を対象に無料化を図っております。

支給対象者

・身体障害者手帳の交付を受けた児童
・療育手帳の交付を受けた児童
・児童相談所等の公的機関において、診断書又は意見書により上記と同等の障害を有すると判断された児童

要件

・保護者及び対象児童が町内に住所を有していること。
・保護者は保育料の無料化を受けようとする年度の前年度分及び当年度分の町民税の申告をし保育料算定に必要な税書類が提出されていること。
・保護者は保育料及び町に納付するべき金額に滞納がないこと。ただし、が属する世帯で町民税その他、町に納付すべき金額に滞納がないこと。

申込み

該当になる方は、申請が必要になります。

詳しくは

 保育料無料化

 福祉課福祉係  電話番号:0274-64-8803

 

保育所・認定こども園の副食費無料化 

当町では、国の無償化制度に含まれていない「副食費」の無料化を図っております。

支給対象者

・第2子以降・・・保護者等が扶養している2子目以降の児童
・第1子・・・・・年収360万円未満相当の世帯
・障害児・・・・・身体障害者手帳の交付を受けた児童
         療育手帳の交付を受けた児童
         児童相談所等の公的機関において、診断書又は意見書により上記と同等の障害を有すると判断された児童
・ひとり親世帯・・ひとり親世帯の児童

要件

・保護者及び対象児童が町内に住所を有していること。
・保育料及び保護者が属する世帯で町民税その他、町に納付すべき金額に滞納がないこと。

申込み

該当になる方は、申請が必要になります。

詳しくは

 保育料無料化

 福祉課福祉係  電話番号:0274-64-8803

 

学校給食費無料化 

令和2年度より子育て支援のため学校給食費の無料化を図っております。

支給対象者

・当町に住所を有し、下仁田町の小学校・中学校に在籍する児童生徒の保護者

詳しくは

 給食費無料化

 教育課学校給食係
 電話番号:0274-82-2542