下仁田町教育大綱

本文のみ印刷

策定の趣旨

教育大綱は、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」に基づき、教育基本法に規定する「教育振興基本計画」の方針を参酌し、地域の実情に応じ総合的な教育施策の目的や方針を町長が定めるものです。


下仁田町教育大綱は、下仁田町総合計画と関連付けており、下仁田町総合計画が平成29年度から新たに第5次となったことから、教育大綱を改定する必要がありました。


平成30年2月23日開催の下仁田町総合教育会議において町長と教育長、教育委員が協議を行い、下仁田町教育大綱を次のとおり改定いたしました。

教育の基本目標

「地域に愛着と誇りを持ち、未来を拓く人を育む」




教育大綱の期間

平成30 年3 月~平成35 年3 月(5 年間)




教育大綱

【地域に愛着を持つ】

○下仁田の地域素材を学習し、郷土への愛着を育むため、下仁田学習を推進します。
○地域と一体になって子どもたちを育てる開かれた学校を形成するため、コミュニティ・スクールを推進します。
○学習やスポーツを通じたコミュニティづくりと子どもたちと地域をつなげる生涯学習を推進します。

【地域に誇りを持つ】

○世界遺産「荒船風穴」と「下仁田ジオパーク」の学習を推進します。
○下仁田ねぎとこんにゃくなどの名産品の学習を推進します。
○文化財や人物、建造物など、町の文化や歴史の学習を推進します。

【未来を拓く】

○グローバル化に対応できる人材を育成するため、国際交流と英語教育を推進します。
○情報化社会への対応としてIT リテラシー等の向上を図るため、ICT の活用を推進します。
○生命の尊重、いじめ防止や思いやりなどの豊かな心を育むため、人権教育を推進します。
○自然災害や、事件・事故などの危険から主体的に安全を確保するための防災教育を推進します。


このページへのお問い合わせ

教育委員会教育課

所在地:下仁田町大字下仁田682 北庁舎
電話:0274-82-2111(代) 〔ダイヤルインはこちら
FAX:0274-82-5766

お問い合わせはこちらから
 
 
☆にゃくっち

下仁田こんにゃくキャラクター
「にゃくっち」についての詳細はこちら
にゃくっち