町県民税・所得税の申告相談日程

本文のみ印刷

平成31年申告相談日程

平成31年 町県民税・所得税の申告相談を2月18日(月)~3月15日(金)の日程で行います。

詳細はこちらをご覧ください。


所得税の申告

(1) 確定申告をしなければならない人

次のような人は確定申告をしなければなりません。


・給与の年収が2,000万円を超える人
・給与所得や退職所得以外の所得金額(収入金額から必要経費を控除した後の金額)の合計額が20万円を超える人
・給与を2か所以上からもらっている人
・事業(営業等、農業)・不動産の所得があった人

※就学・失業・病気等の理由で所得がなかった人は、町で住民税の申告をする必要があります。
(収入がない人でも申告をしないと、「所得なし」の確定ができず、国民健康保険料、介護保険料等の軽減措置が受けられない場合があります。)

(2) 確定申告をしなくてもよい人

次のような人は確定申告の必要はありません。

・給与所得者で、勤務先から下仁田町に年末調整済の給与支払報告書が提出されている人
 ※ただし、お勤め先で年末調整が済んでいない人や医療費控除等を受けようとする人は確定申告をしてください。
・年間の所得が公的年金(国民年金、厚生年金等)に係るもののみで、年金の支払額から所得税が源泉徴収されていない人

(3) 確定申告をすると所得税が還付される場合

次のような場合は、確定申告をすると源泉徴収された所得税が還付されることがあります。

・マイホームをローンなどで取得した場合
・多額の医療費を支払った場合
・災害や盗難にあった場合
・年の中途で退職し、再就職していない場合
・給与所得者の特定支出控除の特例を受けている場合
・恩給・年金から所得税が源泉徴収されていて、各種税額控除のある人 

(4)所得税等について

 所得税など国税については、国税庁ホームページをご覧になるか、富岡税務署(電話63-2235)までお問い合わせください。

(5)e-TAXをご利用ください

 e-TAX(国税電子申告システム)を利用すれば、自宅に居ながら24時間いつでも(申告期間中に限る)確定申告ができます。
e-TAXでの確定申告にはマイナンバーカードなどの電子証明書+ICカードリーダライタ、又は税務署で発行されるID・パスワードが必要です。

 平成31年1月から国税庁のシステム改修により、個人納税者の方のe-TAX利用がより簡単・便利になります。
次の2つの方式がご利用いただける予定です。
 
 1・マイナンバーカード及びICカードリーダライタをお持ちの人

     e-TAXを利用するためには事前に税務署長へ届出を行い、e-TAX用のID・パスワードの通知を受け、
 これらを管理・入力する必要がありますが、マイナンバー方式ではその必要がなくなります。
 マイナンバーカード及びICカードリーダライタをこれから取得される人は

  1 電子証明書を取得してください。e-TAXで利用可能な電子証明書は、e-TAXホームページでご確認ください。

  2 次に、e-TAXの利用開始届出書を税務署へ提出し、利用者識別番号(ID、パスワード)を取得してください。
  3 国税庁が提供するe-TAXソフトを利用し、電子証明書等の登録を行い初期登録を行ってください。



 2・ID・パスワード方式で利用する人(マイナンバーカード及びICカードリーダライタをお持ちでない人)

      上記の機器をお持ちでない方も、平成31年1月から利用できる予定です。
  税務署で職員との対面による本人確認に基づいて税務署長が通知した「ID・パスワード方式の届出完了通知」に
  記載されたe-TAX用のID・パスワードのみで、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」からe-TAXに
  よる送信ができるようになります。(本人確認時、運転免許証などの本人が確認できる書類が必要)

   ※マイナンバーカード及びICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な対応として実施されます。

   ※ID・パスワードは税務署にて随時発行されています。

    

 また、電子申告をしない方でも、国税庁のホームページで確定申告書を作成することができます。
プリントアウトした確定申告書を税務署に提出する必要はありますが、計算間違いや各種用紙を取り寄せる必要がなく、大変便利です。
詳しくは国税庁ホームページをご覧ください。
 

ご注意ください

★所得税・住民税各申告書には、マイナンバーの記載が必要です!
 1.マイナンバーカード(写真つき)をお持ちの方・・・マイナンバーカードをお持ちください。
 2.マイナンバーカードをお持ちでない方・・・通知カードとご本人確認書類(免許証や保険証等)をお持ちください。

★土地、建物、株式等の譲渡所得については富岡税務署で申告をお願いいたします。

★医療費控除を受ける場合は、必ず事前に領収書を「個人別-病院別」に分け、メモ書きで構いませんのでそれぞれの金額を合計しておいてください。
※セルフメディケーション税制による医療費控除の特例を受ける方は、一定の取組を行ったことを明らかにする書類と、
  特定一般用医薬品等の領収書をお持ちください。

★事業所得のある方は、必ず事前に経費の領収書を整理し、メモ書きで構いませんので、それぞれの金額を合計しておいてください。

★必要書類が揃わないと、申告書を受付できません。必ず下記の必要書類をご確認の上お出かけください。

必要書類について

・住民税申告書(役場から送付された方)

・ハガキ等「確定申告のお知らせ」(税務署から送付された方)
・個人番号カード(写真つき)
 または、通知カード+本人確認書類
・印鑑
・前年中の給与・公的年金等の源泉徴収票や支払調書の原本(写しは不可)
・(事業所得のある方)収支内訳書など収入金額と必要経費を計算できる書類
・国民健康保険税、介護保険料、国民年金保険料、その他社会保険料の支払額がわかる書類
・生命保険料、地震保険料の控除証明書
・雑損控除や寄付金控除などの控除を受ける場合は、それを証明できる書類
・医療費領収書など
・申告者本人名義の預貯金口座のわかるもの(通帳等)

国税庁のホームページから所得税等の確定申告書が作成できます

国税庁のホームページから確定申告書が作成できます。作成した確定申告書は、プリントアウトして郵送等で税務署に提出するか、e-TAX(国税電子申告システム・利用には事前の準備が必要です)で送信します。


詳しくは、こちらをご覧ください。


H30年分確定申告.jpg


このページへのお問い合わせ

住民税務課

所在地:下仁田町大字下仁田682
電話:0274-82-2111(代) 〔ダイヤルインはこちら
FAX:0274-82-5766

お問い合わせはこちらから
 
 
☆にゃくっち

下仁田こんにゃくキャラクター
「にゃくっち」についての詳細はこちら
にゃくっち