下仁田あじさい園

本文のみ印刷

下仁田あじさい園は、令和3年7月4日(日)をもって閉園しました。

下仁田あじさい園は、公園ではありません。
散策路の管理は、あじさい園開園期間に限って行われます。閉園期間中の園内の立入は可能ですが、散策中の安全確保はご自身で行っていただきますようお願いいたします。
また、園内管理作業(草刈り等)を行っている場合がありますので、散策する際には十分ご注意ください。

令和3年度下仁田あじさい園について

ajisaien2015.JPG 

  下仁田あじさい園は、下仁田I.C周辺の当町の東の玄関口に位置し、約3ヘクタールの敷地に約2万株のあじさいと約1千2百本のサルスベリが植栽されており、関東でも有数のあじさい園となっております。令和3年度は新型コロナウイルス感染症の感染拡大及び感染対策の一環として、園内を散策する際は、下記のご協力をお願いします。

〇マスクの着用
〇3密(密閉・密集・密接)回避
〇園内の散策は一方通行
 
【受付手順】
 手指消毒 ⇒ 体温測定 ⇒ 受付で協力金の支払い ⇒ 園内散策 ⇒ 退園

  • 期 日:令和3年6月14日(月)~7月4日(日)
  • 時 間:9:00~17:00
  • 協力金:大人300円 小学生100円 小学生未満無料
  • 駐車場:無料駐車場あり

「下仁田あじさい園」パンフレットはこちら  

※新型コロナウイルス感染症の影響により、変更または中止となる場合があります。

 

下仁田あじさい園の概要

●関東一のあじさい園を目指してajisai_en4.JPG
 植栽数:あじさい約2万株、サルスベリ約1千2百本。株数では関東でも有数のあじさい園です。

●下仁田町の東の玄関口に位置し、平成16年度から町が中心となり、紫陽花苗木の植栽に着手。それを引き継ぐ形で、地域有志を中心に「紫陽花を育てる会」が発足し、保育、管理を行っています。

●管理を通して地域のつながりを一層強化し、地域住民と町が共に力を出し合う「協働」による、地域づくりのモデルとして、地域活性化等の思いから活動を続けています。
地域住民総出のボランティア活動に加え、「下仁田町」、「セブン-イレブンみどりの基金助成」、「富岡法人会」等の助成、地元建設業者の協力等を頂いています。

下仁田あじさい園のサルスベリについて

ajisai_sarusuberi.JPG園内には、約1,200本のサルスベリが植栽されており、8月上旬から色とりどりの花を楽しむことができます。

園内での散策は可能ですが、散策路の管理(滑りやすい場所へのウッドチップの撒布など)は、あじさい園開園期間中に限って行われます。散策する際の安全確保はご自身で行っていただきますようお願いいたします。

また、閉園期間中については、駐車場の案内はありません。
路上駐車は、車両通行の妨げになりますので、おやめください。




【終了しました】群馬アフターDC特別企画 フォトジェニックなスポットが出現します

  • 園内あじさいの開花状況により、実施日を下記のとおり変更しました。来園を予定されていた皆様には大変申し訳ございませんが、ご理解いただきますようお願いいたします。

群馬アフターDC特別企画として、園内各所にアンブレラフラワーアレジメントやあじさい池など思わず写真を撮りたくなるスポットが出現します。あじさいスポットの設置日は以下の通りです。

〇6月26日(土)~27日(日)
〇7月3日(土)~4日(日)

ajisaienkasa.jpg ajisai_ike2.JPG
 
※群馬DC(デスティネーションキャンペーン)とはJRグループ6社と自治体・観光団体等が一体となって取り組む大型観光キャンペーンです。
※新型コロナウイルス感染症の影響により、延期・中止となる場合があります。

あじさい園のご案内図

上信越自動車道下仁田IC出口周辺。

駐車場および会場案内図についてはこちらをダウンロードしてください。

●下仁田ICからの案内はこちら
●富岡方面からの案内はこちら
●長野県方面からの案内はこちら

※カーナビの設定
 「群馬県甘楽郡下仁田町馬山1471-1」             
  南方へ道なり100m(無料駐車場)

下仁田あじさい園の周辺について

で表示されているものは、下仁田町公式ホームページ内のページです。
で表示されているものは、別ウインドウで開きます。


このページへのお問い合わせ

下仁田町観光協会
 
所在地:下仁田町大字馬山3766-11(道の駅しもにた内「下仁田町観光案内所」)
電話:0274-67-7500
FAX:0274-67-7501
(9:00から16:00の間)