歴史館 

本文のみ印刷

歴史館情報

 
rekisikan

※世界遺産「荒船風穴」と一緒にご見学いただくと、観覧料割引があります!

  荒船風穴見学後、歴史館を見学する場合 → 歴史館見学料が無料

  歴史館見学後、荒船風穴を見学する場合 → 荒船風穴入場料500円が300円に割引

  割引を受ける場合は、いずれも「入場料の半券」の提示が必要です。   
  
半券をなくさずにお持ちいただくとお得です。

<下仁田町歴史館 開館日について>
 
 4月1日から11月30日までの世界遺産・荒船風穴の見学期間は「年中無休」です。
 荒船風穴と併せて、ぜひご来館ください。

 世界遺産・荒船風穴の冬季閉鎖期間(12月1日~翌年3月31日)は
 下仁田町歴史館は月曜定休(祝日の場合は翌日)となります。 
 
  

 
rekishikan01.jpg   rekishikan02.jpg


下仁田町歴史館では、町の歴史上の主なことがらを中心に項目別に展示しているほか、世界遺産「荒船風穴」、
高橋道斎、羽鳥一紅などの関連資料等を常設展示・紹介しています。


■開館時間
  午前9時~午後4時30分


■休館日
  4月~11月:無休
  12月~3月:月曜、祝日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日) 
 
 
 
■観覧料
  一般     200円         

  高校生以下  無料

  20名以上の団体(1名あたり) 160円


 ・特別展開催時は観覧料が変更になる場合があります。
 ・障害者手帳等保持者は手帳提示により、介助者1名と共に無料です。

 

歴史館からの眺望

歴史館は国道254号線の沿線にあり、小坂地区の高台にあります。
下仁田戦争 岩下激戦地の近くであり、水戸藩天狗党が高崎藩本陣を攻撃する際、利用した「狙い松」があった付近に建っており、大桁山や西側の山々がきれいに見渡せます。近くには下仁田戦争に関する碑などもあり、散策するにも良い場所ですので、ぜひお立ち寄りください。

rekisikan 歴史館正面


 歴史館西側眺望(5月) 歴史館西側眺望(5月)

rekisikannisi 歴史館西側眺望(4月)

 歴史館東側眺望(5月) 歴史館東側眺望(5月)
国道254号線と跡倉クリッペの山々

歴史館周辺の花々

下仁田は、江戸時代より町内や南牧の楮(こうぞ)を利用して和紙の生産を盛んにおこなってきました。生産された和紙は「下仁田紙」と呼ばれ各地に流通しました。この時代は、「コウゾ(楮)」や「ミツマタ(三椏)」を用いて和紙の製造を行っていました。

下仁田町歴史館の庭にも、和紙の原料であるコウゾとミツマタが植えてあります。
 
mitumata ミツマタ(手前)(4月)

コウゾ(楮)(5月撮影) コウゾ(5月)

 

関連リンク

で表示されているものは、下仁田町公式ホームページ内のページです。
で表示されているものは、別ウインドウで開きます。


このページへのお問い合わせ

教育委員会教育課(歴史館) 

所在地:下仁田町大字下小坂71-1
電話:0274-82-5345
FAX:0274-67-7776

お問い合わせはこちらから
 
 
☆にゃくっち

下仁田こんにゃくキャラクター
「にゃくっち」についての詳細はこちら
にゃくっち