住民異動の届出

本文のみ印刷

転入届

他の市区町村から、下仁田町に転入した方は、住み始めた日から14日以内に住民税務課住民係で転入の届出をしてください。
 
〇届出に必要なもの
・前に住んでいた市区町村が発行した転出証明書(マイナンバーカードを使った特例転入をされる方は省略できます)
・本人確認書類
・マイナンバーカード(お持ちの方のみ)※
・印鑑(転入と同時に行うお手続の種類によっては必要になります)
・本人(法定代理人)、同一世帯員以外の方がお手続される場合は委任状

以下の事項に該当する場合は転入時にお手続きがありますので必要書類を持ってきてください。

・国民年金に加入している方は、年金手帳
・介護保険受給者は、介護保険受給資格者証
・後期高齢者医療被保険者は、被保険者証(県内からのみ)と負担区分証明書
・児童手当を受けている方は、請求者の保険証と請求者名義の預金通帳
・身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
・福祉医療受給者は、福祉医療費交付状況証明書
・海外から転入した方は、パスポート(転入する方全員)、戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)及び戸籍の附票(下仁田町に本籍がある方は省略できます)
 
 
※写真つきのマイナンバーカードをお持ちの方はカードの券面記載事項の変更手続きが必要です。転入手続きをしてから90日以内に手続してください。
暗証番号がわかる場合は本人(法定代理人)もしくは同一世帯の方がお手続できます。
暗証番号がわからない場合は本人(法定代理人)が来庁すれば当日お手続ができますが、同一世帯の方は当日のお手続きができません。

転出届

下仁田町から他の市区町村や海外へ転出する方は、転出予定日のおおむね14日前から、住民税務課住民係で転出の届出をすることができます。

〇届出に必要なもの
・本人確認書類
・国民健康保険に加入している方は国民健康保険被保険者証を、後期高齢者医療制度に加入している方は後期高齢者医療被保険者証
・印鑑登録をしている方は印鑑登録手帳
・印鑑(転出と同時に行うお手続の種類によっては必要になります)
・本人(法定代理人)、同一世帯員以外の方がお手続される場合は委任状
 その他役場が発行している証明書等があればお持ち下さい。

転出届を出した方には転出証明書を発行しますので、転入する市区町村で転入届を出すときに一緒に提出してください。(14日以内)海外へ転出する方には転出証明書は発行されません。郵送での転出も可能です。郵送での転出の場合

転居届

下仁田町内で引っ越しをした方は、新しい住所に住みはじめてから14日以内に、住民税務課住民係へ転居の届出をしてください。
 
〇届出に必要なもの
・本人確認書類
・マイナンバーカード(お持ちの方のみ)※
・国民健康保険に加入している方は国民健康保険被保険者証を、後期高齢者医療制度に加入している方は後期高齢者医療被保険者証
・65歳以上の方は介護保険者証
・印鑑(転入と同時に行うお手続の種類によっては必要になります)
 
 
その他役場が発行している証明書等で住所の記載のあるものはお持ち下さい。

※写真つきのマイナンバーカードをお持ちの方はカードの券面記載事項の変更手続きが必要です。
暗証番号がわかる場合は本人(法定代理人)もしくは同一世帯の方がお手続できます。
暗証番号がわからない場合は本人(法定代理人)が来庁すれば当日お手続ができますが、同一世帯の方は当日のお手続きができません

住民票の請求

住民票の請求は、住民税務課住民係で受け付けています。

請求の際、本人又は同一の世帯員が請求する場合は、請求事由の明示は必要ありません。代理の方が申請する場合には、依頼する方の委任状が必要です。

なお、町が交付する住民票の写しは、世帯全員が記載されている全部の写しと、世帯のうちの一部の人だけを記載する一部の写しとがありますので、必要なものを確かめてからお出かけください。手数料は、いずれも300円です。
 
また、請求するときには、世帯主の氏名と住所を確認してから請求してください。
なお、住民票を請求する際は、顔写真付き身分証明書を提示してください。
委任状のない第三者の請求では、世帯主、続柄、本籍、筆頭者の部分は省略されたものとなります。


このページへのお問い合わせ

住民税務課

所在地:下仁田町大字下仁田682
電話:0274-82-2111(代) 〔ダイヤルインはこちら
FAX:0274-82-5766

お問い合わせはこちらから
 
 
☆にゃくっち

下仁田こんにゃくキャラクター
「にゃくっち」についての詳細はこちら
にゃくっち