献血

本文のみ印刷

平成30年度の日程

日にち 受 付 時 間 場  所
 平成30年9月25日(火)

      -終了しました-
    14:00~16:00  役場町民ホール(玄関ロビー) 
 平成31年1月30日(水)  (午前の部)9:30~12:00


(午後の部)13:00~14:00
 15:00~16:00  下仁田厚生病院 
献血ダイジョウブH30.1.30 献血31.1.30 

愛の血液 助け合い運動

~今、なぜ血液が必要なのでしょうか~

 血液はまだ人工的に作ることができず、また長い期間保存することもできません。
 輸血に必要な血液をいつでも医療機関に供給できるようにしておくためには、絶えず誰かに献血してもらわなければなりません。

 すべての輸血用血液は、国内の献血で確保されていますが、血しょうを材料として製造される「血しょう分画製剤」は、一部製剤を除き半分以上を輸入に頼っています。 

献血のできる方

献血できる方は、献血の種類や年齢、性別で次のように定められています。

献血の種類:全血献血
 200ml  年齢16~69歳 体重 男性45Kg以上 女性40Kg以上
 400ml  年齢 男性17~69歳 女性18~69歳 体重50Kg以上

献血の種類:成分献血
 血しょう成分  年齢18~69歳  体重 男性45Kg以上 女性40Kg以上
 血小板成分  年齢 男性18~69歳 女性18~54歳 体重 血しょう成分に同じ 

献血Q&A

【Q1 献血にはどんな種類があるの?】
 全血献血と成分献血とに分けられます。
 全血献血は400mlと200ml献血に、成分献血は血しょう成分献血と血小板成分献血に分類されます。


【Q2 体に影響ありませんか?】
 事前に血液比重、血圧等を測り、医師が問診を行って採血の適否を決めます。
 決して無理な採血はしません。


【Q3 感染の危険はないのですか?】
 採血針や採血バッグは、1人ひとりに新しいものを使用しています。
 採血することで、病気が感染することはありません。


【Q4 献血にかかる時間はどのくらいですか?】
 事前検査・問診に15~20分、採血時間は全血献血で5~10分、血しょう成分献血で45分、血小板成分献血は1時間くらいかかります。


【Q5 検査の結果は教えてくれますか?】
 血液中のコレステロールなどの検査を行い、献血後2週間くらいで献血者にお知らせしています。
 ご自身の健康管理に役立ててください。

★保健事業の日程は、町広報誌『広報しもにた』でご確認ください。

関連リンク:献血についての詳細情報は次のリンクからどうぞ。

で表示されているものは、下仁田町公式ホームページ内のページです。
で表示されているものは、別ウインドウで開きます。


このページへのお問い合わせ

保健環境課 

所在地:下仁田町大字下仁田111-2
電話:0274-82-5490
FAX:0274-70-3013

お問い合わせはこちらから
 
 
☆にゃくっち

下仁田こんにゃくキャラクター
「にゃくっち」についての詳細はこちら
にゃくっち