妙義山の概要

本文のみ印刷

妙義山の概要

産業観光課(観光振興) :kouyou_2.jpg
産業観光課(観光振興) :kouyou_2.jpg

妙義山は、赤城山、榛名山とともに上毛三山に数えられ、群馬を代表する山の1つです。
また、日本三大奇勝の1つとして荒々しい岩肌が創り出す自然景観の美しさが特徴です。
妙義山は、いくつもの峰々の総称で、金洞山、白雲山、金鶏山を通称「表妙義」と言い、谷急山、丁須の頭、御岳等を通称「裏妙義」と呼んでいます。
妙義山の標高は、白雲山相馬岳の1,104mが最高峰で、金洞山東岳が1,094mです。
標高は、高くないですが関東平野を見下ろす景色はとても爽快です。


妙義山へのアクセスについてはこちら

妙義山の楽しみ方

産業観光課(観光振興) :kouyou.jpg
産業観光課(観光振興) :kouyou.jpg

妙義山には、気軽に登れる「石門めぐり」、十分に自然を満喫できる「関東ふれあいの道」そして体力と経験と度胸が必要な「山頂縦走」と登山コースがあります。
妙義山にある「さくらの里」は、45種類、5,000本のさくらが楽しめる観光名所です。
4月中旬から5月上旬にかけてが見頃で、登山と花見を両方楽しむ人もいます。
それぞれ、自分にあったコースで妙義山の自然と景観をお楽しみ下さい。

妙義山のうんちく話

産業観光課(観光振興) :myougisann41.jpg
産業観光課(観光振興) :myougisann41.jpg

妙義の名は、後醍醐天皇に仕えた権大納言長親卿が、この山を眺め、明々巍々(めいめいぎぎ)であるところから「明巍」と名付けた事が、後に「妙義」となったと言われています。

明治45年、イギリス人の登山家ウオルター・ウエストンは、妙義山を舞台にロープを使いながら2人で岩山を登る技術を日本人に初めて教えたことから、近代登山発祥の地として知られています。

妙義山の風景

      

妙義山についての関連ページ

で表示されているものは、下仁田町公式ホームページ内のページです。
で表示されているものは、別ウインドウで開きます。


Weblio

※「用語解説」に表示される用語のリンクは、Weblio辞書のページを新しいウィンドウで開きます。
 用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページへのお問い合わせ

観光課

所在地:下仁田町大字下仁田682
電話:0274-82-2111
FAX:0274-82-5766
(月曜日~金曜日の9:00から17:00の間) 
お問い合わせはこちらから
 
 
☆にゃくっち

下仁田こんにゃくキャラクター
「にゃくっち」についての詳細はこちら
にゃくっち