メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
下仁田町

トップページ > 産業・事業者向け > 商工業 > 中小企業支援制度 > 下仁田町観光宿泊施設等応援給付金

下仁田町観光宿泊施設等応援給付金

更新日:2021年8月23日  本文のみ印刷

 この制度は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う、観光客の減少により経営に深刻な影響を受けている宿泊事業者及び浴場業事業者の事業継続を支援し、経済の安定を図る目的で対象となる事業者に、その事業に係る光熱費等の経費の一部を給付します。

1.交付対象者

町内に事業所または事業拠点を置く宿泊業事業者及び浴場業事業者で、新型コロナウイルス感染症の影響による売上げ減少で、国の持続化給付金の交付を受けており、尚且つ、今後も継続して事業を営む意思を有していること。

2.交付要件

次の要件をすべて満たす方が交付の対象となります。
(1)町内で主たる事業所等を有し、事業活動を行う方(町外在住者も、主たる事業所等が町内に所在している場合は対象となります。)
(2)各関係法令に規定する旅館業または浴場業であって、法令に規定する営業許可を受けていること。
(3)国が実施した持続化給付金の交付を受けていること。

3.対象経費及び給付額

〇対象経費

令和3年6月から11月までの間の事業経営に係る光熱費等(電気料金、ガス料金、灯油等の燃料費)の経費。
ただし、この間において営業実績がない月(宿泊業事業者においては、宿泊者のいない月。浴場事業者においては、営業日のない月)は除く。

〇給付額

対象経費の3分の2以内(1事業者あたり10万円/月を上限とする)

※1,000円未満の端数は切り捨て。

4.申請期間

令和3年7月1日(木)から令和4年1月31日(月)まで

※申請は、月次または一括どちらでも可能です。

5.申請書類

  • 下仁田町観光宿泊施設等応援給付金交付申請書(様式第1号)
  • 事業の営業に必要な許可証の写し
  • 国の持続化給付金の受給を証明できる書類の写し
  • 対象期間内の光熱費等の支払いが証明できる書類の写し
  • 対象期間内に宿泊等があったことが証明できる書類の写し
  • 町税に滞納がないことが証明できる書類(完納証明書等)
  • その他町長が必要と認める書類

PDF・Word・Excelなどのファイルを閲覧するには、ソフトウェアが必要な場合があります。詳細は「ファイルの閲覧方法」を確認してください。

ファイルの閲覧方法

このページに関する問い合わせ先

商工観光課(商工観光係)
郵便番号:370-2601
所在地:下仁田町大字下仁田682
電話番号:0274-82-2111(代表)ダイヤルインはこちら
ファクス番号:0274-82-5766