乳がんを予防しましょう ~自己検診法~

本文のみ印刷

乳がんを予防しましょう

30歳になったら


   毎月生理がおわった1週間くらい後に
   (閉経後の人は日を決めて)


      乳房にしこりがないかどうか


         自分でしらべてみましょう

乳がん自己検診法

乳房のなかに小さい・硬い・痛みのないしこりができていないかどうかを自分で調べる方法です。

【ステップ1】・・・・お風呂で
石けんを使うときやシャワーをあびるとき、両方の乳房の上を手を滑らせるようにして調べてください。
硬いものがあれば異常です。
ついでに両方の脇の下も、奥の方まで触ってみましょう。

【ステップ2】・・・・カガミの前で
(1) 両手を下げたまま、左右の乳房を鏡に映してみて、形・乳首の姿などを良く覚えておきます。
(2)両腕を上げて、正面・側面・斜めを映してみて、次のことを調べます。
・ 乳房のどこかに、くぼみやひきつれはないか。
・ 乳首がへこんだり、湿疹のようなものはないか。
(3) 両手を腰にあて、肘を前に突きだして(2)と同じように調べます。
※ くぼみが激しいときは、指で挟んで調べてみてください。

【ステップ3】・・・・寝具の上で
まず、右の乳房から始めましょう。
(1) 枕を右肩の後ろに入れ、あおむけに寝て下さい。
これで、右の乳房が平らになります。
(2) 右腕を頭の後ろに上げ、左手の指の腹で、乳房の内側半分をていねいに触れ(まんべんなく静かに軽く圧迫する)、しこりがないか調べます。
(3) 次に、右腕を自然の位置に下げ、同じように乳房の外側半分を調べます。
(4) さらに脇の下に手を入れて、しこりがないか、触れてみます。  引き続いて、左肩の下に枕を入れ替え、同じように左の乳房を調べます。
最後に、両方の乳首をつまんで、何か液体(血液性分泌物)が出ないか調べましょう。


これで、月1回の自己検診は終わりです。

毎月自己検診をしているうちに、自分の乳房の普通の状態がわかり、異常を早く見つけられるようになります。
少しでも異常を感じたら、ためらわずに専門医(外科・乳房外来)を受診しましょう。

関連リンク

で表示されているものは、下仁田町公式ホームページ内のページです。
で表示されているものは、別ウインドウで開きます。


このページへのお問い合わせ

保健課 

所在地:下仁田町大字下仁田111-2
電話:0274-82-5490
FAX:0274-70-3013

お問い合わせはこちらから
 
 
☆にゃくっち

下仁田こんにゃくキャラクター
「にゃくっち」についての詳細はこちら
にゃくっち