歴史館 

本文のみ印刷

歴史館

<下仁田町歴史館休館日のお知らせ>
世界遺産荒船風穴の冬季閉鎖に伴い
12月1日~翌年3月31日までの間、歴史館休館日が以下のとおり設けられます。

お間違えのないよう、おでかけください。
 
休館日:毎週月曜日、祝日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日)



歴史館内部

下仁田町歴史館では、町の歴史上の主なことがらを中心に項目別に展示しているほか、世界遺産「荒船風穴」、高橋道斎、羽鳥一紅などの関連資料等を常設展示・紹介しています。


■開館時間
  午前10時~午後4時


■休館日
  毎週月曜日、祝日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日まで)



■観覧料
  一般      200円         

  高校生以下  無料

  20名以上の団体(1名あたり) 160円


 ・特別展開催時は観覧料が変更になる場合があります。

 ・障害者手帳等保持者は手帳提示により、介助者1名と共に無料です。

 ※世界遺産「荒船風穴」と一緒にご見学いただくと、観覧料割引があります!

  荒船風穴見学後、歴史館を見学する場合 → 歴史館見学料が無料

  歴史館見学後、荒船風穴を見学する場合 → 荒船風穴入場料500円が300円に割引

  割引を受ける場合は、いずれも「入場料の半券」の提示が必要です。
  半券をなくさずにお持ちいただくとお得です。

 

和紙と下仁田

みつまた
みつまた

下仁田町歴史館の庭に和紙の原料「みつまた」を植栽しました。

下仁田は、江戸時代より町内や南牧の楮(こうぞ)を利用して和紙の生産を盛んにおこなってきました。生産された和紙は「下仁田紙」と呼ばれ各地に流通しました。この時代は、「楮(こうぞ)」や「みつまた」を用いて和紙の製造を行っていました。

今後、当地を物語る植物として和紙の原料となる楮やみつまたを充実させていく計画です。

 

関連リンク

で表示されているものは、下仁田町公式ホームページ内のページです。
で表示されているものは、別ウインドウで開きます。


Weblio

※「用語解説」に表示される用語のリンクは、Weblio辞書のページを新しいウィンドウで開きます。
 用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページへのお問い合わせ

教育委員会教育課(歴史館) 

所在地:下仁田町大字下小坂71-1
電話:0274-82-5345
FAX:0274-67-7776

お問い合わせはこちらから
 
 
☆にゃくっち

下仁田こんにゃくキャラクター
「にゃくっち」についての詳細はこちら
にゃくっち