指定管理者制度

本文のみ印刷

指定管理者制度とは

指定管理者制度は、地方自治法の改正(平成15年9月2日施行)によって創設された公の施設の管理に関する新しい制度です。

これまで公の施設の管理は、町の出資法人や公共的団体等に限定されていましたが、出資法人以外の民間事業者等を含む町が指定した者(指定管理者)による管理が可能となりました。

公の施設の設置目的、態様、特性等を考慮し、住民サービスの向上、経費の節減、安定した管理を図るため、指定管理者制度の導入を検討していきます。

指定管理者導入施設(平成27年7月1日現在)

施設名
指定管理者
管理開始日
管理終了日
下仁田町体験交流センター (一社)下仁田町観光協会  平成27年7月1日 平成30年3月31日
下仁田町観光館道の駅 (有)産業開発しもにた 平成26年4月1日 平成31年3月31日
下仁田町福祉作業所 (社)下仁田町社会福祉協議会 平成25年4月1日 平成30年3月31日
下仁田町林業総合センター 下仁田町森林組合 平成25年4月1日 平成30年3月31日

関連リンク

で表示されているものは、下仁田町公式ホームページ内のページです。
で表示されているものは、別ウインドウで開きます。


Weblio

※「用語解説」に表示される用語のリンクは、Weblio辞書のページを新しいウィンドウで開きます。
 用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページへのお問い合わせ

地域創生課

所在地:下仁田町大字下仁田682
電話:0274-82-2111(代) 〔ダイヤルインはこちら
FAX:0274-82-5766

お問い合わせはこちらから
 
 
☆にゃくっち

下仁田こんにゃくキャラクター
「にゃくっち」についての詳細はこちら
にゃくっち