町ガス事業は、平成31年4月1日に東海ガス(株)に譲渡します

本文のみ印刷

ガス事業の民営化(事業譲渡)に関する契約が成立しました


 町は、ガス事業の譲渡について協議を進めてきた、東海ガス(株)と譲渡条件等の合意が得られ、平成30年4月18日に「下仁田町ガス事業譲渡に関する仮契約書」を締結し、4月20日開催の町議会臨時会でガス事業譲渡に関連する議案が可決されましたので、当該仮契約書は本契約となりました。今後、国(経済産業省関東経済産業局)に事業の譲渡・譲受に関する申請書を提出し、認可を受けて事業を引き継ぐことになります。

契約の概要

どうして東海ガス(株)に決まったの?

 町では、従前より行財政改革の一環として「ガス事業の民営化」を検討してまいりましたが、町のガス事業は、全国的にみても規模が小さく、公営事業者が相次いで民営化を進めている状況下であっても、譲受を希望する旨の意向を示す民間事業者はありませんでした。
 そんな中、平成29年4月1日から始まった都市ガス小売り全面自由化を契機に「東海ガス(株)」は、静岡県中部の供給エリアに留まらずに全国にて都市ガス事業を展開する企業へと成長することを目指すこととなり、下仁田町ガス事業の譲受を希望したいとの意向を町に示しました。
 今回のガス事業の譲渡については、長期に渡り都市ガス事業を中核事業として行っており、安定した経営基盤を有する東海ガス(株)から譲受の希望があったことで、安心して下仁田町ガス事業を任せられると判断したため、町議会とも相談しながら譲渡に向けた協議を進め、今回の契約に至りました。

東海ガス(株)ってどんな会社なの?

 東海ガス(株)は、昭和25年に前身の焼津瓦斯(株)として発足して以来、静岡県焼津市・藤枝市・島田市で、都市ガス約54,000件、LPガス・簡易ガス約19,000件、合計73,000件のお客さまに安定的にガスを供給している会社です。
 下仁田町でガス事業を実施する計画では、事業譲受後も現在町で取引している地元の関係事業者と引き続き取引を継続する予定であり、また、グループ企業(TOKAIグループ)で取扱いする豊富な商材(インターネット・電気・アクア・介護など)を提供し、地域経済への貢献、町民生活の質や利便性の向上に寄与できるとしております。

譲渡後にガス料金は変わるの?

 町と東海ガス(株)と締結した契約により、毎月変動している原料費調整制度による原料ガス購入価格の上昇分を除いて、譲渡後3年間は、ガス料金が現在の水準を上回らないこととしています。

事業の引継ぎが始まります

 契約の締結により、東海ガス(株)との事業引き継ぎが始まり、これから細かいことが決まっていきます。町ホームページでも、随時皆さまにお伝えしますので、ご覧いただきますようお願いいたします。

関連ファイル:ガス事業譲受の考え方(東海ガス株式会社)

クリックするとファイルが開きます。

アクロバットリーダーバナー PDFファイルをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。
Adobe Reader の無料ダウンロードはこちらからどうぞ。


Weblio

※「用語解説」に表示される用語のリンクは、Weblio辞書のページを新しいウィンドウで開きます。
 用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページへのお問い合わせ

建設ガス水道課

所在地:下仁田町大字下仁田682
電話:0274-82-2111(代) 〔ダイヤルインはこちら
FAX:0274-82-5766

お問い合わせはこちらから
   
☆にゃくっち

下仁田こんにゃくキャラクター
「にゃくっち」についての詳細はこちら
にゃくっち